時効援用

時効援用はどんな人が向いてるの?

このようなお悩みのある方は一度ご連絡ください

  1. かなり昔に借りた借金の督促がきた
  2. 身に覚えのない借金の督促がきた
  3. 債権回収会社から督促がきた
  4. 法律事務所から督促がきた
  5. 裁判所から郵便物がきた

時効援用とは

時効援用とは、最後に返済してから5年以上経過した(※)借金について、債権者に対して消滅時効が完成していることを主張し、返済義務を消滅させる意思表示のことです。
時効援用は、対応を間違えると時効が中断(リセット)してしまうこともあるため、専門的な知識をもって行う必要があります。
※10年以上経過しないと消滅時効が完成しない場合もあります。

時効援用のメリット・デメリット

時効援用のメリット

借金がなくなる
消滅時効を援用することにより、借金がなくなります。借金に悩まされる生活は終わりです。
債権者からの督促が来なくなる
借金がなくなったことによる当然の結果として、今まで自宅に届いていた債権者からの督促が来なくなります。
信用情報機関に登録されている事故情報が削除される
借金を延滞している間は、信用情報機関に「延滞」等の事故情報(悪い情報)が載っているため、クレジットカード等の審査にかなり通りにくくなっていますが、時効援用で借金がなくなることにより、延滞の情報も消え、審査の際のマイナス要素がなくなります。

時効援用のデメリット

時効援用にデメリットはありません。しいて言うなら、なんらかの理由で時効援用が失敗した場合(時効に必要な期間が経過していなかった、過去に判決をとられていた等)、他の債務整理手続きを検討しなければならないことですが、この点も私どもにおまかせください。最適な解決策をご提案いたします。