任意整理

任意整理はどんな人が向いてるの?

このようなお悩みのある方は一度ご連絡ください

  1. 貸金業者からの督促が厳しい
  2. 月々の返済が滞っており、通常通り支払える見込みがたたない
  3. 月々の支払い額が多く、このままでは支払っていく事ができない
  4. 家族や知人に絶対に内緒の借金がある
  5. 給料・ボーナスが減ってしまい、住宅ローンや借金が返せなくなった

任意整理とは

任意整理とは、貸金業者やクレジット会社との取引を利息制限法に基づいて再計算(引き直し計算)し、今後の利息をカットしてもらう交渉をして、減額した借金を原則3~5年以内で分割払いする債務整理方法です。
利息制限法内の金利(15%~20%)で借りている場合は、今後の利息をカットする交渉や支払期間を延ばす交渉もいたしますので、無理のない返済が可能となります。
また、任意整理は裁判所が関与することのない、私的な債務整理の方法ですので、自己破産や個人再生に比べ法的な拘束が少ないという特徴があります。
過払いが発生していた場合には、過払い金の返還請求手続に移ります。

なぜ借金を減らすことが出来るの?

かつては下記のように矛盾する法律が2つありました。
①利息制限法(20%が上限)
②出資法(29.2%が上限)
ゆえに多くの貸金業者、クレジット会社がその間の利息(20%~29.2%)で貸し付けており、グレーゾーン金利として問題になりました。
過去に20%以上(15%)で貸し付けていた金利については違法であり無効であるとの最高裁の判決が下され、2010年の改正貸金業法完全施行によりこのグレーゾーン金利の問題は解消されました。
これにより、適正な利息で過去にさかのぼって再計算することによって借金が大幅に減額されたり、過払い金がでる可能性があるのです。

下記の金利を超えた利息を過去に支払った事がある場合、借金を大幅に減額、
もしくは、過払い金を取り戻せる可能性があります。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

利息制限法による再計算で借金が大幅に減る可能性がある
利息制限法を超える利率の貸付があった場合、引き直し計算により借金を減額することが可能です。取引期間が長ければ、利息の払い過ぎになっていて過払い金を取り返せることがあります。
介入通知により貸金業者からの取り立て・支払いがストップします
介入通知により貸金業者(消費者金融など)からの取り立てが止まります。
今後の利息や遅延損害金が免除される可能性がある
たとえば、100万円借りており15%の利息の場合、1年で15万円の利息がカットされるので、利息制限法内の利息で借りていても、大きなメリットがあります。
他人に任意整理をした事実を知られることがほとんどない
自己破産や個人再生といった手続きをすると「官報」というものに掲載されますが、任意整理は私的な和解なので「官報」にも掲載されないので、自ら喋らない限り、他人に知られることはほぼないと言えます。
車や住宅、保険などの財産を残しながら、借金を整理することができる
特定の債権者を選んで任意整理の手続をすることができます。
(知人や家族、保証人付の債務などを対象から外す事ができます。)
そのため、保証人に迷惑をかけたくない場合などにも対応可能です。

任意整理のデメリット

信用情報に載る
少なくとも5年の間は信用情報に事故情報が載ることで、新規のお借り入れやクレジットカードが作れなくなります。またローンで買い物ができなくなります。
逆にいえば、借金に頼らない生活のスタートにもなります。
但し、すでに完済している場合や、利息制限法による再計算し、過払いになっている場合などは信用情報に登録されません。
任意での和解交渉であるため、代理人によって和解に差がでる場合が多い
経験豊富な当事務所であれば、より良い結果が出ることと自負しております。