よくあるご質問

任意整理のよくあるご質問

任意整理のメリットは何ですか?
主に
①引き直し計算による借金の減額
②将来利息のカット
③月々の返済額の減少
です。
任意整理のデメリットは何ですか?
信用情報機関に事故情報が登録されるため、約5年間、新たにお金を借りたり、クレジットカードを作ったり、分割で商品を購入することが困難になります。
任意整理をするとブラックリストに載りますか?
「ブラックリスト」というものは存在しませんが、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録され、新たな借入がかなりしにくくなります。このように、信用情報機関に事故情報が登録されることを、俗に「ブラックリストに載る」と言うこともあります。
信用情報機関に事故情報が登録されると、
絶対にお金を借りることができませんか?
絶対に借りれないというわけではありません。貸金業者は信用情報を参考にしつつ、独自の基準で貸付の可否を審査しています。したがって、信用情報機関に事故情報が登録されていても、お金を借りることができる場合もあります。
任意整理をすると銀行口座が凍結されますか?
任意整理をするだけでは銀行口座に影響はありません。ただし、口座を開設している銀行が任意整理の対象にする債権者に含まれている場合、その口座に入っているお金は相殺(弁済)される可能性があります。相殺を防ぐ方法としては、当該口座からお金を抜いておくことや、当該銀行を任意整理手続に含めないことなどが考えられます。
任意整理は絶対に成功しますか?
絶対というわけではありません。任意整理は強制力のあるものではなく、あくまで債権者にお願いするものですので、応じてもらえないこともあります。
ただし、基本的には多くの消費者金融・クレジット会社は手続きに協力的ですので返済が楽になることがほとんどです。
家族に内緒で任意整理できますか?
できます。任意整理をする場合、債権者は弊所に連絡を取ってくれるようになりますし、弊所からご依頼者様へはご希望の方法によりご連絡致します。
任意整理をすると家を売らなければいけませんか?
売らなくても大丈夫です。任意整理は自己破産とは違って、財産を処分する必要はありません。また、全ての債権者を対象とする必要もありません。
したがって、住宅ローンは今まで通り支払いながら、ほかの借金についてだけ任意整理をするということが可能です。
任意整理をするとアパートの賃貸借契約に影響がありますか?
基本的にはありません。任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されますが、不動産会社は信用情報機関を参照することができません。したがって、任意整理をしてもアパートの賃貸借契約には影響がないと考えて大丈夫です。ただし、賃貸借契約の際に保証会社がつき、その保証会社が信販系保証会社である場合は、信用情報機関を参照されますので、賃貸借契約の締結や更新ができないことがあります。